住宅改修 / 介護保険を利用した住宅改修について

住宅改修
  • HOME »
  • 住宅改修

住宅改修

「介護保険」を利用した住宅改修についてFlow

●住宅改修費の支給とは

「介護保険」を利用して「住宅改修」を行う際は、一人あたり20万円(その内1割または2割は自己負担)を上限として支給されます。

支給には条件があり、「要介護認定を受けている」「事前審査が必要」「一人あたり20万円(その内1割または2割は自己負担)」「下記の住宅改修工事に限定される」等となっております。興味がある方は、お気軽にご相談下さい。

住宅改修の流れ(受領委任払いの場合)

    ※1 ご担当のケアマネージャーにも事前にご相談下さい。
    ※「受領委任払い」とは、自己負担分のみのお支払の事です。一旦全額をお支払い後、支給金額分が戻ってくるといった「償還払い」もあります。
    ※一定の所得がある方は2割となります。

「介護保険」適用の住宅改修工事一覧Pattern

①「手すりの取付」

玄関・階段・廊下・トイレ・浴室などの手すり取付。

②「段差をなくす」

床の段差をなくす工事、スロープや踏み台など。

③「滑り予防・床材の交換」

浴室の床を滑りにくい材質に交換など。

④「扉の交換」

開き戸を、折れ戸や引き戸、アコーディオンカーテンなどへ交換。

⑤「便器の交換」

和式⇒洋式に交換。

⑥「①~⑤の工事に必要な付帯工事」

①~⑤に関連する工事

バリアフリー施工例Works

玄関

玄関は、玄関扉の開閉や上り框の上り下りに転倒の危険があります。

ドアノブに触れても掴まれる場所に手すりを設置したり、玄関扉から上り框に掛けての動線に手すりを設置します。

廊下

廊下は身体の支えになる所がなく、壁に手をついて歩いてらっしゃる方が多いです。

廊下に手すりを設置すると、万が一ふらついても手すりに掴まってバランスを保つ事ができたり、歩く事が不安定になりやすい方も手すりに掴まりながら歩く事で、安心して歩く事ができます。

階段

家を建てた当初はスペースの問題や、お身体の状態からも手すりの必要性を感じなかった方も多いと思います。
階段は、上り下りを脚の力だけでするには負担が大きく、かもするとバランスを崩して転落の危険や不安があります。
手すりを設置することで、脚の力だけではなく腕の力も加えて身体を運べる事から上り下りの負担が減ります。
さらに、手でバランスを取れることで前方へ姿勢が向くので転倒の危険や不安が減ります。

浴室

浴室は滑りやすく、転んでしまうと裸なので危険が多いです。

手すりを付けると転ばないように掴まれる所を作れるので、転ぶ心配や不安が減ります。
浴槽をまたいで入る時や、浴槽の中に座ったり立ったりするときにも掴まれる所を作ることで、安全に入浴ができます。

室内段差

扉の敷居や増改築によってできた段差、ちょっとした段差でも躓く事はあります。

バランスを崩して転んでしまう事がないように段差を無くして、スロープの様にしたり、床を嵩まししたりして段差を無くし躓いてしまう原因自体を無くします。

「介護保険」支給対象外のバリアフリー工事もご相談下さい。

【営業時間 】平日:9時~18時、土曜:9時~17時/【定休日:日曜・祝日・夏期・年末年始】 TEL 0120-215-285

PAGETOP
Copyright © 日本シルバーケア株式会社 All Rights Reserved.