介護事業者の方 / 介護保険における福祉用具給付の判断基準について

介護事業者の方
  • HOME »
  • 介護事業者の方

介護事業者の方

「介護保険における福祉用具給付の判断基準」について(2004年6月22日厚生労働省資料より抜粋)

車いす

自走用標準型車いす
使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
歩行:つかまらないでできる要支援
普通型電動車いす
使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
歩行:つかまらないでできる 短期記憶要支援 要介護5
介助用標準車いす
使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
歩行:つかまらないでできる要支援

車いす付属品

使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
併用している車いす(自走用標準型、介助用標準型、普通型電動)と同様。但し、自操用の電動補助装置は、普通型電動車いすと同様。併用している車いす(自走用標準型、介助用標準型、普通型電動)と同様。但し、自操用の電動補助装置は、普通型電動車いすと同様。

特殊寝台

使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
寝返り、起き上がり、立ち上がり:つかまらないでできる要支援

特殊寝台付属品

サイドレール
使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
寝返り、起き上がり、立ち上がり:つかまらないでできる要支援
マットレス
使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
寝返り、起き上がり、立ち上がり:つかまらないでできる要支援 要介護5
ベッド用手すり
使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
寝返り、起き上がり、立ち上がり:つかまらないでできる要支援
テーブル
使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
寝返り、起き上がり、立ち上がり:つかまらないでできる要支援
スライディングボード・スライディングマット
使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
歩行:つかまらないでできる、立ち上がり:つかまらないでできる要支援

じょく瘡予防用具

使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
寝返り:つかまらないでできる要支援、要介護1

体位変換器

使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
寝返り:つかまらないでできる要支援、要介護1

手すり

使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
特になし特になし

スロープ

使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
特になし特になし

歩行器

使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
特になし特になし

歩行補助つえ

使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
特になし特になし

認知症老人徘徊感知機器

使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
移動:全介助、コミュニケーション等に関連する項目(視力、聴力を除く):以下の全てに該当
[意思の伝達]:調査対象者が意志を他者に伝達できる、[介護者の指示への反応]:介護者の指示が通じる [記憶・理解(全ての項目について)]:できる、痴呆の周辺症状:ない
要支援、要介護5

移動用リフト

床走行用リフト
使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
移乗:自立又は見守り等
立ち上がり:つかまらないでできる、移動:自立
要支援、要介護1、要介護2
固定式リフト
使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
移乗:自立又は見守り等
立ち上がり:つかまらないでできる、移動:自立
要支援、要介護1、要介護2
据置式リフト
使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
移乗:自立又は見守り等
立ち上がり:つかまらないでできる、移動:自立
要支援、要介護1、要介護2

腰掛便座

使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
座位保持:できない
「便座、バケツ等からなり、移動可能である便器(ポータブルトイレ)」
歩行:つかまらないでできる、移動:自立
「便座、バケツ等からなり、移動可能である便器」要支援

特殊尿器

使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
排尿:自立特になし

入浴補助用具

使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
特になし簡易浴槽

簡易浴槽

使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
歩行:つかまらないでできる、移動:自立
併用して使用することが想定しにくい福祉用具:入浴補助用具
要支援

移動用リフトのつり具の部分

使用が想定しにくい状態像使用が想定しにくい要介護度
床走行式リフト、固定式リフト、据置式リフトと同様床走行式リフト、固定式リフト、据置式リフトと同様

※本基準で示しているのは、福祉用具の選定を行う場合の標準的な目安(ガイドライン)であって、本基準に示す福祉用具の使用が想定しにくいとされる場合であっても、個別の利用者の生活環境や解決すべき課題等によっては、使用が考えられる場合もある。

【営業時間 】平日:9時~18時、土曜:9時~17時/【定休日:日曜・祝日・夏期・年末年始】 TEL 0120-215-285

PAGETOP
Copyright © 日本シルバーケア株式会社 All Rights Reserved.